日本タクシー友の会とは



2014年9月20日に設立された「タクシーファン」のための任意団体です。
入退会に制限はありません。タクシーファンであれば老若男女どなたでも参加できます。
入会費用はもちろん無料です。
但し、商業目的の広告や求人はお控えください。

活動報告は主に掲示板で行います。
よろしくお願いします。

日本タクシー友の会



 


2018年 タクシー表彰候補

 

互助交通(東京) 映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の公開記念イベント代官山 蔦屋書店でスタート

日本交通(東京) 大和自動車交通(東京) 相乗り実証実験開始

東京無線協同組合 (東京)「AIタクシー」を採用し運行を開始

三和交通(神奈川) カメラバカ(一眼レフ)によるタクシーツアー開催


第4回 金賞発表

第4回金賞 2017年12月吉日

トヨタ自動車株式会社・JPNタクシー」に決定いたしました。

https://toyota.jp/jpntaxi/?padid=ag001_i_top_news

 

タクシー専用車両としては約20年ぶりに、国が認める標準仕様ユニバーサルデザインタクシーの認定要領(レベル1)に適合する「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売し全国的に運用が開始されました。これからの活躍に期待しています。おめでとうございます。

 

日本タクシー友の会


第3回金賞 2016年12月吉日 

国際自動車株式会社(東京)・km提携個人タクシー」に決定いたしました。 

https://www.km-group.co.jp/

タクシーには『法人タクシー』と『個人タクシー』があり、前者はタクシー会社に所属し乗務するサラリーマン。後者は個人事業主として乗務する自営業と思ってください。今までは個人タクシーを開業すると、それまで所属していたタクシー会社を退職し、個人タクシー事業者として「東個協」や「日個連都営協」などに所属するのが当然でした。しかし、無所属の個人タクシー事業者から権利を譲受し、所属してきたタクシー会社と提携することにより、個人タクシーと法人タクシーの良いところをうまく兼ね備えることが出来ました。これは個人タクシー制度が始まって以来初のことです。お話を伺うに相当なご苦労があったと思いますが、新しいタクシーの在り方のパイオニアとして、是非頑張って頂きたいと思います。おめでとうございます。

 

第3回銀賞 2016年12月吉日

飛鳥交通株式会社(東京)・客席ドアでサンマを焼く

日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」の中で、タクシーの客席ドアをうちわ代わりに七輪でサンマを焼くという、凡人では発想できない企画を受け協力した同社の懐の深さに脱帽です。

第3回銀賞 2016年12月吉日

株式会社アンドアール(神奈川)・タクシーグッズ発売

日本交通・東京無線・チェッカーキャブ・グリーンキャブの行灯や客席ドアのキーホルダー・トートバッグ・小銭入れを発売。更に新宿タカシマヤにおいてタクシーに関するものを展示するなど、ファンとタクシーの懸け橋として貢献されました。

 

第3回銅賞 2016年12月吉日

互助交通有限会社(東京)・ニコニコ超会議で超タクシーを展示/痛タクシー営業開始

有限会社有田タクシー(佐賀)・バリスタタクシー営業開始

三和交通株式会社(神奈川)・ペットタクシー

銅賞は上記3社に決定いたしました。

 

おめでとうございます。

日本タクシー友の会

第2回金賞 2015年12月吉日  第2回銀賞:該当なし 第2回銅賞:該当なし

寿交通株式会社(東京)・ことぶき保育園」に決定いたしました。
http://www.taxi-kotobuki.co.jp/

共働き・核家族化がすすみ、保育園を探す親御さんが増えてきて「待機児童」も多いという状況が続いています。同社ではタクシー乗務員・従業員のために「ことぶき保育園」を設立しました。これなら業務中の従業員もお子さんを安心して預けられる上、何か緊急時の時はすぐに連絡が取れる仕組みになっています。また、近隣住民のお子さん達も受け入れているとのこと。同社のモットーである地域密着型タクシー会社といえましょう。9月いっぱいで共同無線が解散し、殆どの会社が日の丸グループになりましたが、独自のMM無線(武蔵野・三鷹)として地域密着型インディーズとして10月から新たなスタートをきりました。現在東京のタクシー会社は難しい状態にある中の決断だったと思います。地元の利用客は勿論、従業員にも優しい同社が今年の金賞にふさわしいと思います。おめでとうございます。

日本タクシー友の会

 



第1回金賞 2014年12月吉日  第1回銀賞:該当なし 第1回銅賞:該当なし
三和交通株式会社(神奈川)・タートルタクシー」に決定いたしました。
http://www.sanwakoutsu.co.jp/

タクシーといえば、急いでる時に使うというイメージを払拭。車に酔いやすい人・妊婦・お年寄り・子供連れでも安心して乗車できるという点が評価できました。また、なかなか乗務員に「もう少し丁寧に」と言えない雰囲気がタクシーにはありましたが、ボタンを押すだけでいい、という極めてシンプルなアイデア。かつコスト面もそれほど予算をかけていない。そして何より重要なのはボタンを押さなければ、ごくごく普通のタクシーとして利用できるという誰も損しないサービスに驚きました。あっぱれです。おめでとうございます。

日本タクシー友の会